インフォシールド合同会社

外部からの脅威をブロックします

#01

提案の背景と目的


日本の自治体におけるサイバーセキュリティの重要性

日本の自治体におけるサイバーセキュリティの重要性は非常に高く、以下の点でその理由が明確になります。


1. 市民の個人情報保護

自治体は、住民票や健康保険、税金情報など、市民の個人情報を大量に扱っています。これらの情報は極めて機密性が高く、不正アクセスや漏洩によって市民のプライバシーが侵害されるリスクがあります。サイバーセキュリティを強化することは、これらの情報を保護し、市民の信頼を維持するために不可欠です。

2. 公共サービスの継続性

自治体は、保健、福祉、教育、インフラなどの重要な公共サービスを提供しています。サイバー攻撃によりこれらのサービスが中断されると、市民生活に甚大な影響を及ぼす可能性があります。サイバーセキュリティ対策は、これらのサービスの継続性と安定性を保障する上で重要です。

3. サイバー攻撃の脅威増加

近年、サイバー攻撃の頻度と複雑さが増しており、自治体も標的になりやすい状況にあります。特に、ランサムウェア攻撃などが自治体に大きな損害を与える事例が世界各地で報告されています。日本の自治体も、このような脅威から自らを守る必要があります。


インフォシールド合同会社のサイバーセキュリティサービスの目的

インフォシールド合同会社は、自治体のデジタルセキュリティを向上させ、住民データの保護を支援することを目指しています。

DALL·E 2023-12-30 09.33.12 - A digital illustration depicting the concept of cyber security in healthcare. The image features a large, symbolic shield emblazoned with a digital lo

#02

自治体のサイバーセキュリティの課題


  1. 1.予算不足

十分な予算を確保することが難しく、セキュリティ対策に制約が生じます。


  1. 2.レガシーシステム

旧式のITシステムの利用により、セキュリティの脆弱性が発生するリスクがあります。


  1. 3.人材不足

サイバーセキュリティに精通した専門家の不足が課題となっています。




ダウンロード (8)

#03

サイバーセキュリティの対策と予防策


1.高度なネットワーク監視

定期的なセキュリティ監視とインシデント管理の実施。


2.教育と訓練

職員に対するサイバーセキュリティの教育と訓練プログラムの実施。

ダウンロード
DALL·E 2023-12-30 09.23.59 - An abstract representation of cybersecurity services, featuring a digital atmosphere with blue and black tones. Include symbols of security like a key

check!

自治体向けのサイバーセキュリティの重要要素


セキュリティ監視、強固なパスワードポリシー、およびファイアウォールの設置を通じて、サイバー脅威から組織や個人のデジタル資産を保護することを目的としています。


  • Point 01

    ポリシーの策定


    サイバーセキュリティのポリシーを明確に定義し、全職員の遵守を促す。


  • Point 02

    適切なアクセス制御


    職員ごとに必要最低限のアクセス権限を設定し、情報漏洩リスクを軽減する。


  • Point 03

    バックアップと復旧戦略


    重要なデータのバックアップを定期的に行い、災害時の迅速な復旧を可能にする。


お気軽にお電話でご連絡ください

042-502-0001
営業時間: 10:00~18:00
Address 東京都東大和市桜が丘2-222-1-501

Access


インフォシールド合同会社

住所

〒207-0022

東京都東大和市桜が丘2-222-1-501

Google MAPで確認する
電話番号

090-9307-9122

090-9307-9122

営業時間

10:00~18:00

定休日

土,日,祝

代表者名

吉田 一範(Kazunori Yoshida)

所属団体

サイバーセキュリティ協議会

東大和商工会

医療ISACコミュニティ

・先端技術・情報犯罪とセキュリティ研究会

事業内容

■攻撃前サービス

・セキュリティ監査

・コンサルティング

・教育プログラム

■攻撃中サービス

・インシデント対応

・インシデントレスポンス事前契約

■攻撃後サービス

・コンピュータフォレンジック

・ハイテク犯罪調査

■Attack Surface Managementサービス

■デジタルリスクプロテクションサービス

■不正・詐欺防止サービス

■Managed XDR サービス


取引先

・アイビーシー株式会社

・Infowatch

・Group-IB

・LRM株式会社

・株式会社アイドマホールディングス

・株式会社Add Flow

セキュリティの脆弱性を診断する「Attack Surface Management」をはじめ、最先端技術を駆使したプラットフォーム「Digital Risk Protection」やメール特化型でコストパフォーマンスの良いセキュリティ対策システムなど、企業様のニーズに柔軟に対応できるよう様々なサービスをご用意しております。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。